2012年05月22日

須磨アルプス馬の背

お休みをいただいた一昨日20日日曜は、13日日曜に続

いて患者さんと山歩きへ出かけました。

052001.JPG

20日日曜のコース
山陽電鉄須磨浦公園駅

鉢伏山

旗振山

鉄拐山

高倉台400階段

栂尾山

横尾山

須磨アルプス馬の背

東山

妙法寺

高取山

板宿駅



出発してから旗振山までは30分程ひたすら階段の上り

が続きます。

052002.jpg

052003.jpg



旗振山が脚力を奪う最初の上りだとしたら、400階段

なんてのもあります。

052008.jpg



気持ちよく歩ける路もあったり、明石大橋が見えたりし

ますが

052004.jpg

052006.JPG



上ったら上ったで下りが待っています。それは階段だっ

たり山道だったり。

052005.jpg

052007.jpg

052010.jpg



上ったと思ったら下って、また上がってまた下って、さ

っき上った山を遠くに見たり下に見たり、次の山を遠く

に見たり見上げたり、このコースではこれを何度も繰返

します。

登った山を、遠くに下に見た時は達成感を感じたり、こ

れからの山を見上げた時には気持ちが萎えたり。

このコースはいろんな上り下り、いろんな路、いろんな

気持ちを味合わせてくれます。


↓さっきまで必死に上って下ってきた山が遠くに!
052009.JPG

052015.jpg

052016.jpg



そして、このコースのクライマックスは、そう須磨アル

プス馬の背です!

落ちてしまわないかと怖かったりもしますが、住宅地の

すぐ近くにこんな岩尾根があるのかと

感動です!

壮観です!

この岩尾根を見せたくて、わたらせたくて、日曜はこの

コースを選びました。

052011.jpg

052012.jpg

052013.jpg

052014.jpg


この岩尾根は距離にするとわずかなので、圧倒されてい

る間に終わってしまいます。それでも須磨アルプスを目

にして、わたってもらって、圧倒されて、感動してもら

えたので、日曜はこのコースを選んでよかったです。



日曜は山の上り下りを繰り返し間で住宅地を歩いたりと

今までのイーズの山歩きの中で一番タフなコースだった

のですが、患者さんたちは最初から最後まで、それこそ

イーズを出発してからイーズに帰ってくるまで、ずっと

ずっと喋りっぱなしで、私はこのことに圧倒されまし

た。



8時にイーズに集合して、電車で須磨浦公園へ向かい

9時25分に須磨浦公園を出発。7つの山をへて13.5

kmを6時間歩いて板宿駅にゴールし、イーズに帰っ

て来たのは夕方4時半でした。

(時間と距離はiPhoneアプリより)

↓高取山から見た神戸方面
052018.JPG
posted by morimo at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

午前治療、午後山歩き

昨日のイーズは、午前中は治療、午後からは患者さんと

山歩きへ出かけました。

芦屋川駅からロックガーデンを登って風吹岩、雨ヶ峠を

経て東お多福山山頂へ。


午後からだと人が少ないかと思いましたが、たくさんの

人がロックガーデンを登っていて、風吹岩は混雑状態。

それでも午後からだからか風吹岩から先は下ってくる人

とすれ違っても、同じように雨ヶ峠を目指す人はいませ

んでした。なので風吹岩から東お多福山山頂までの路は

ほぼ貸し切り状態で歩けました。


山道は暑すぎることも肌寒いということもなく、とても

快適でした。おかげで上り時に毛穴を押開けて吹き出し

てくる大量の汗がとても気持ちよく感じました。


午前中に治療、午後から山歩きと初めてのこころみでし

たが、近場コースなら大丈夫ですね。


昨日は、治療もうまくでき、山歩きも気持ちよく、とて

も充実した一日でした。

P1000189.JPG

P1000197.JPG

P1000212.JPG

P1000220.JPG

P1000230.JPG

P1000232.JPG

P1000236.JPG

P1000247.JPG
posted by morimo at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月10日

ニューウエア、ニューギアー

今週もイーズ鍼灸院をご利用いただき、ありがとう

ございました。

お休みをいただく明日は、久々の山歩きです。

私にとっては明日は新しいウエアと新しいザックの

デビュー歩きとなるので非常に楽しみです。

昨日からの冷え込みにどうならことかと思いました

が、先ほど明日一緒に歩くメンバーと連絡を取り、

寒さに負けず予定通り六甲山へ向かうこととなりま

した。

さぁ、どんな山歩きになるのでしょうか!

楽しみです!!!



image-20111210194908.png

posted by morimo at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

六甲山、うっすら雪化粧

11日日曜日は患者さんと六甲山へ山歩きに出かけ

るのですが、今日のニュースで「六甲山、うっすら

雪化粧」とありました!!!

うぅっ(>_<)、日曜日はどんな山歩きになるのでし

ょうか?
posted by morimo at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

東お多福山へ

お休みをいただいた昨日は、久々に患者さんと六甲山系

へ山歩きに出かけました。

コースは阪急芦屋川駅からロックガーデンを登って、風

吹岩、雨ケ峠、東お多福山山頂を目指します。


集合時間の八時に今日ご一緒する方がイーズへ来られた

のですが、足下を見ると!

なんと!

普段履きの靴!

服装はちゃんと山歩きの服装なのに、靴は普段履き…。

何も考えずに

玄関に

そこに

目の前に

ある靴に

足を入れてきたそうです。

…。

もちろんトレッキングシューズに履き替えに戻られまし

た。


初っ端からこれで大笑いになり、今日の山歩きは楽しい

ものになりました。


お天気は曇り空で歩き始めこそぽつぽつと雨が降ってい

ましたが、この雨もロックガーデンを登りきる頃にはや

みました。そして、ジッとしていると肌寒い気候も、ロ

ックガーデンを登り始めるといっきに汗が噴き出すので

歩いている間はとても気持ちがよかったです。


そして、東お多福山山頂でお昼を食べる時だけ太陽が出

て晴れてくれ、とても心地のいい中でおいしくお昼を食

べることができました。


久々でしたが、やっぱり山歩きいいですよ!

みなさんも、いかがですか?

↓風吹岩にて
kazehukinite.jpg
posted by morimo at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

ロックガーデン〜風吹岩〜雨ケ峠〜東お多福山 その5

芦屋川駅を7時20分に出発し、東お多福山山頂に9時

55分に到着しました。

この日は午後から予定があったので、ここで休憩を取ら

ずに東お多福山登山口バス停を目指して、このまま芦有

道路へと下ります。

気持ち的には、もう登りきったあとですから楽に山道を

下って行けますが、バス停まで続く下りは久々の山歩き

の足にはいつも以上に効きます。膝の上、太腿が笑わな

いように気張りながら下りますが、途中で山道からアス

ファルト道の下りに変わると「もう、早く終わってく

れ!」と心の中で叫びながら下り続けます。

途中、小走りで下る男性2人に抜かれました。バスは1

時間に2本しかありません。男性2人に抜かれるたびに

バスの時間が気になりましたが、小走りで下る男性の姿

が遠くへと消えていくのをこの時の私の足では「走って

るよ〜すげ〜」と見送るしか出来ませんでした。

100606rokkou12.jpg

思った以上に続くアスファルトの下りに辟易しながら、

バス停に着くと途中で私を抜いていった二人の男性がそ

こにいました。時刻表を見るとバスが来るまで7分あり

ます。そう、急いで下ることはなかったのです。

バス停で着替えたり、荷物をパッキングし直していると

7分はあっというまに過ぎバスがやってきました。

バスに乗り座席へ座るとこの日初めて、心からホッとす

ることができました。

↓この道を芦屋川駅までバスが運んでくれます。
100606rokkou13.jpg

10時半過ぎには芦屋川駅へ着き、11時5分には帰宅

しました。

3時間弱の山歩きでしたが、やっぱり山歩きはいいなぁ

と思いました。

出発時には久々で不安もありましたが、気持ちも体力も

つらいところを乗り越え、目的地へ到達し、無事に帰宅

すると、こんなとょっとの山歩きでも小さな達成感があ

り、また体から吹き出る汗は普段では経験できないもの

で、爽快感があります。そして、これらが与えてくれる

充実感は、よし、また明日からがんばっていこう!とい

う力になります。


ロックガーデン〜風吹岩〜雨ケ峠〜東お多福山 その1

〜その5、また、いつものように構想も練らずにだらだ

らと書いてしまいましたが、みなさんお付き合いいただ

きありがとうございました。

もし、みなさんのお近くに六甲山系のような低山があれ

ば、山歩きを始めてみてください。easeのご近所の方で

始めたいけど一人では…という方は、easeではお客さん

と山歩きへ出かけるイベントもあるので、お気軽にお問

い合わせください。


ロックガーデン〜風吹岩〜雨ケ峠〜東お多福山 その1
ロックガーデン〜風吹岩〜雨ケ峠〜東お多福山 その2
ロックガーデン〜風吹岩〜雨ケ峠〜東お多福山 その3
ロックガーデン〜風吹岩〜雨ケ峠〜東お多福山 その4


ease(イーズ鍼灸院)ホームページはこちら
posted by morimo at 11:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

ロックガーデン〜風吹岩〜雨ケ峠〜東お多福山 その4

100606rokkou07.jpg

雨ケ峠へと続く登りが私は、苦手です。

う〜ん、苦手というより好きでないです。

以前にも書いたかも知れませんが、この雨ケ峠へと続く

登りが好きではありません。

だらだらした登りというか、だらだらしんどいです、こ

の登りは。

私は、この登りより、六甲山一軒茶屋へ続く七曲がりの

方が好きです。

雨ケ峠へと続くこの登りは、だらだらしている上になん

と最後の最後で階段になっているのです。

私はいつもこの階段でくたくたになって、やっとの思い

で雨ケ峠に着きます。

8時45分に風吹岩を出て、9時25分この好きでない

登りをこえて雨ケ峠に着きました。

100606rokkou08.jpg

10分程休み、東お多福山山頂を目指して再び進みま

す。

お多福山は草原になっているので影がなく太陽が直接

照りつけてきますが、それまでの山道と違って急に視

界が広がり、見渡す限りの草原と太陽の光と風とで爽

快感があり、とても気持ちよく歩けます。

それでも小さな起伏はあるので、気持ちいい一方で疲

れている足には響きます。

100606rokkou09.jpg

100606rokkou10.jpg

そして、東お多福山山頂です。

100606rokkou11.jpg

以下、その5へ

posted by morimo at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

ロックガーデン〜風吹岩〜雨ケ峠〜東お多福山 その3

雨ケ峠を目指して風吹岩を出発すると、気になるのは太

腿の重さだけで、少し景色を楽しむ余裕を持って歩くこ

とができました。

これは私の好きな二股に分かれて先でまた一つになる道

です。

100606rokkou05.jpg

なぜかいつもここを通るのは楽しみです。

他にも、岩場に梯子がかけてあるところや、小さな沢を

わたったり、ゴルフ場を横切ったり、とこのコース上の

いくつかの自分の中の楽しみのポイントを久々に確認し

ながら進んで行きました。

100606rokkou06.jpg

そして、ゴルフ場脇の飲み水がある小さな広場を抜ける

と雨ケ峠へと続く、私の苦手な登りが始まります。


以下、その4へ
posted by morimo at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月08日

ロックガーデン〜風吹岩〜雨ケ峠〜東お多福山 その2

ロックガーデンの楽しさ気持ちよさを感じる以上に、自

分の体力の低下を感じながらもなんとか風吹岩に到着し

ました。

そして、いつものように風吹岩の上に上がり、眼下に阪

神間を見渡します。

100606rokkou04.jpg

風吹岩の上に腰掛けながら、この体力のなさは情けない

な、運動しなきゃ、また山に通わなきゃな、と思いなが

ら時計を見ると時間は8時25分です。

あれ?

芦屋川駅から1時間と少しで風吹岩までこれました。

あれ?

途中何度も休憩をとっていたので、もっと情けないほど

に時間がかかっていると思っていたのですが、久々にし

てはそれほど悪くない時間でここまで来ることができま

した。

すると、これが自信になったのか急に気持ちが軽くなっ

て、ここまでで引き返して帰ることにせずに、先へ進む

ことにしました。

この日は、午後から用事があったので最初から六甲山一

軒茶屋を経由して有馬へ抜ける計画はなかったのですが

先へ進むということは、もう雨ケ峠から東お多福山へむ

かいバスで帰ってくる道しかありません。

そこで、ここからはもうあの東お多福山登山口バス停を

目指して歩くんだ、と腹を決めて進み始めました。


以下、その3へ


posted by morimo at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月07日

ロックガーデン〜風吹岩〜雨ケ峠〜東お多福山 その1

お休みをいただいた昨日は、約1年ぶりに六甲山系芦屋

ロックガーデンへ出かけました。

朝早くに目が覚めたので、準備ができると時計も見ずに

最寄り駅へむかい電車に乗ると、スタート地の阪急芦屋

川駅に着いたのは、7時10分でした。

いつもは週末だと、この辺りは山歩きへ出かける人で溢

れかえっているのですが、まだ朝が早いので人は疎らで

す。それでも、地元の早朝散歩の人を除いて、自分みた

いにこんなに早くから電車に乗ってきて山へむかう人が

いるんだ、と驚きました。

7時20分芦屋川駅北側の広場からスタートです。

まずは、芦屋川沿いに少し北へ上がると、ロックガーデ

ンの入口と高座の滝を目指して住宅地の坂を上がりま

す。

100606rokkou01.jpg

この坂は結構きつく、途中足をとめて休む人もいるほど

です。私も昨日は一年ぶりの上に最近は運動をまったく

していなかったので、早速この坂でバテないかと心配だ

ったのですが、自分でも驚くほどスムースに坂をあがれ

ました。

そして、ロックガーデン入口をくぐり高座の滝もすぎる

と、いよいよ岩場を上がり始めますが、ここでは先程の

住宅地の坂とは違い、いっきに呼吸が上がり汗が噴き出

し頭から全身汗だくになります。

100606rokkou02.jpg

そうそうこの感じこの感じ、これがロックガーデン!

と、久々の感覚にうれしくなりながら進みますが、一方

で早くも足を重く感じ、だんだんとつらくなってきてい

る自分に気づき、体力の低下を思い知らされます。

それでも、立ち止まって周りを見渡すたびに、その景色

に気持ちよくなり、スーッと疲れがからだから抜けて、

また進もうとします。

100606rokkou03.jpg

岩場が終わると鉄塔を二つへて風吹岩を目指します。

実は、昨日は久々だったので風吹岩までにしようか、東

お多福山まで行くかどうするか決めていませんでした。

平らな山道を歩いたり、登ったり、下ったり、その間に

太腿がさらに重たくなったのはもちろん、背や腰に痛み

を感じたり、少しの登りで何度も休憩をとったりと、今

の自分の体力に不安になることばかりが増えていき、今

日は敗者のように風吹岩までで引き返して帰ろう、と情

けない考えが頭の中をめぐり始めました。


以下、その2へ続きます。
posted by morimo at 16:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

冬の布引の滝

急な冷え込みの中、みなさんいかがおすごしですか。

寒さの苦手な私ですが、先日、久々に運動と気分転換を

かねて神戸に布引の滝を見に出かけてきました。

三宮から布引きの滝を歩いて往復しましたが、とても気

持ちよく歩けました。

もう寒いので、人はあまりいないかなと思いましたが、

新神戸駅から布引の滝までには、同じように滝を見に来

た家族連れやカップル、そして山から降りてくるハイカ

ー集団とたくさんの人と出会いました。

前回夏に滝を見にきた時にはえらい目に遭いましたが、

今回は、登りでぬくもったからだにはこの日の寒さが心

地よく、とても気持ちよく滝を楽しむことができまし

た。

↓布引きの雌滝
09-12-13_001.jpg

↓布引きの雄滝
09-12-13_002.jpg



posted by morimo at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

楽し、気持ちよし

先日のブログに書いたように、お休みをいただいた13

日の日曜日は、EasEのお客さんと久しぶりに山歩きに出

かけました。

やっぱり山歩きはいいです。

もう、とてもとても気持ちがよかったです。

本当にすっきりして帰ってきました。

いいお休みをいただきました。

コースは、六甲山を芦屋川から有馬温泉まで歩いてきま

した。

久しぶりで足に不安があったので、東お多福山の入り口

まではバスで上がり、東お多福山山頂、雨ヶ峠、七曲が

り、六甲山山頂一軒茶屋、有馬温泉、と歩き最後は金の

湯につかって帰ってきました。

09-09-13_001.jpg

09-09-13_002.jpg

七曲がりも以前のようにペースをあげて歩くことができ

ました。

この日は涼しく、汗はじわりじわりと出てくる感じでし

たが、七曲がりを登り始めると心拍数がグンとあがり、

汗が大量にそれこそからだの芯から吹き出してきます。

七曲がりを登りきるとぐったりとするのですが、芯から

汗が噴き出したからだはとても気持ちがいいです。

一軒茶屋の前でお弁当を食べると、後は有馬までずっと

下りをのんびりと歩くだけですが、この下りがまた気持

ちよく、この日ご一緒したお客さんは下りの間ずっとお

話をされていました。

翌日EasEでお会いした時もずっと、気持ちよかった、楽

しかったと話されていました。

一つ情けなかったのは、翌日からの筋肉痛。

最近はすっかりと運動不足だったので、筋肉痛は覚悟し

ていたのですが、情けないのはその筋肉痛におそわれた

部位です。

太腿の前やスネや脹脛は覚悟していましたが、何と股関

節周辺も筋肉痛に…。

う〜〜〜ん、これは重傷です。

かなりの運動不足です。

情けないです。

運動をして、しっかりとからだをつくります。

トホホ。
posted by morimo at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

こ、こ、これが、あの布引の滝!

みなさん、下の画像の滝は、どこの滝だと思いますか?

odaki0901.jpg

何と!これは新神戸駅の北にある、あの布引の滝(雄滝)です!

下の画像は、普段の布引の滝です。

takiki.jpg

二つの画像を見比べてみてください。

同じ滝とは思えませんよね!

昨日、滝でも見て涼もうと、布引きの滝を見に出かけました。

新神戸駅の北側に出ると、すぐに聞こえてくる水の流れる音がいつもより大きいことに気づきすぐ下を流れる布引き渓流を見てみると、濁流の上に初めて見るほどの水量です。

そして、橋をわたって坂を上り始めると、何とその坂を水がサーッと流れてきているのです。

出発そうそうから、まぁ連日の雨だし、くらいにしか思わず、この後の布引の滝の姿を予想しませんでした。

坂を上り続け、所々で渓流をのぞいてみると、水量とその水流の勢いに驚かされます。

水は激しく岩壁にあたり、水しぶきが方々で上がっています。

これらの光景に圧倒されながらも、所々で見つけることのできる虹を見て、楽しく歩いていました。

niji0901.jpg
が、しかし

この角を右に曲がれば雄滝に出るというところで、雨でもないのにサーッと水が降ってきます。

それは角が近づけば近づくほど、勢いを増しています。

そして、角を曲がって雄滝を見上げた瞬間、今まで見たことのない布引きの雄滝が目に飛び込んできて、一瞬、目の前の状況が理解できずに立ちすくんでしまいました。

odaki0902.jpg

それはテレビや映画でしか見たことのない、洪水やダムが決壊して水が迫ってくるシーンのようです。

それが、大きな音と、激しい水しぶきと風で、自分のすぐ目の前にあるのです。

立ちすくんだ一瞬の間に、頭の先から全身ずぶ濡れになってしまいました。

昨日は、滝を見るだけのつもりだったので、普段着で傘だけを持って出かけていました。

目の前の滝に圧倒され、ずぶ濡れになってから傘を持っていることを思い出し、慌てて傘をさしました。

傘がないと目を開けて滝を見続けることが、できないからです。

しかし、傘をさしていても、その場に長くいることができません。

まるで、局地的台風にあっているようです!

周りを見てみると、滝の正面でなく横へ登ると水がかからないようなので、途中さした傘がひっくり返りながらも、滝の横へと上がりました。

ここでは水に濡れることがなく、やっと一息つくことができました。

私も含め、他の人たちも、目の前の滝に興奮して口々に「すごいね!すごいね!」と言って、また、ずぶ濡れになったかっこを見て笑っています。

下の2枚は滝壺の画像です。
odaki0904.jpg

odaki0905.jpg

下の画像で水しぶきのすごさが伝わるでしょうか?
odaki0903.jpg

ある女性は、息子さんから布引きの滝を見に来るようにと電話があり、あわてて出来てきたそうで、何十年とこの滝は見てるけどこんなのは初めてと、話されていました。

今日の滝は値打ちがあるわよ!と、おっしゃる方も。

滝を見下ろすところにあるお茶屋さんの方は、いつもは滝というのが恥ずかしいくらいちょろちょろとしか水が流れてないのに、今日はすごいですね!と、話されていました。

滝を見た後は、滝上にある展望場、布引きダムへと歩き新神戸駅へともどったのですが、道中、布引の滝を見たであろう人みんなから呼び止められ(私が頭から全身ずぶ濡れなので滝を見たことがわかるようで)、今日の滝はすごいね!と話が盛り上がりました。

いやぁ、いつもなら何てことはない布引の滝コース、ちょっと滝を見て涼むつもりが、えらい一日になりました。

今日でやっと、近畿も梅雨が明けたようで、昨日のような布引きの滝(雄滝)はもう見れないでしょうか。
posted by morimo at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月02日

久々の一人歩き

今日は、お休みをいただいていました。

一人で久々に、芦屋ロックガーデンを登ってきました。

久々なので噛み締めるように、ゆっくりゆっくりと登り、風吹岩
でおにぎりを食べ景色と空気を満喫し、ロックガーデンを下って
きました。

楽しさのあまり、下りは岩と岩を飛びわたりながら(まねしない
で)下ってきました。

今日はお天気も非常によく、暑すぎず、寒すぎず、とても快適に
楽しく登れました。

あーすっきり。

takikouza.jpg

stop.jpg

way.jpg

sta.jpg

rocks.jpg

redogreen.jpg

asiyatown.jpg

cat.jpg

kids.jpg

mylegs.jpg
posted by morimo at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月14日

イーズでハイキングで LOST その4

明らかに違う道を進んでいるとわかる谷へ出たところで、やっと
とまることができ、地図を開きました。

不安ながらに進んでいるあいだ、間違えていても、南に進んでい
るので岡本あたりに出れるだろうと考えていました。

が、地図を見てみると自分がどこを歩いているのかさっぱりわか
りません!

!!!

!!!

!!!

そこへ少し前から私たちの後ろを歩いていた男性が、私たちを抜
こうとしたので、すみません、と声をかけ地図上で今どこにいる
のか教えてくださいとお願いしました。

その男性は地図上で私たちが歩いている道を探すのですが、どう
も見つけることができないようです。

そして、

五助堰堤の方へ、進んでいる。

と、意外な答えがかえってきました!

五助堰堤?!

地図で、その方角を確かめると、西です!

私は南へ下っていると考えていたのに、進んでいる方角は西で
す。

ここでもう私の頭の中は、大混乱です。

もう自分がどこを歩いているのか、さっぱりわかりません。

混乱して地図を見ていると、その男性は先へ行ってしまいまし
た。

時間的には、あの芦屋カントリークラブまで戻ることができま
すが、初めての道を戻るのにも不安は大きく、みなさんも進よ
り戻る方が気分的にしんどいというので、暮れるまでは時間も
あったので進むことにしました。

そして、大きな不安を抱えながら足早に進んでいくと、先に標
識が現れました。

ホッ!

これでやっと助かる。

自分がどこにいるかわかる。

と思ったのですが、標識の前まで来て標識を見てみると私の頭
はさらに混乱しました!

以下、その5へ

その1
その2
その3
posted by morimo at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

イーズでハイキングで LOST その3

前を行くマウンテンバイクの集団とつまらないように気をつけな
がらも、芦屋カントリークラブをこえるとろまでは順調に下って
いました。

道は一本ですし、いつもと逆に歩いているとはいえ歩き慣れた道
です。逆に歩くのも初めてではありません。

が、芦屋カントリークラブにある二つ目のイノシシよけのゲート
を通過した辺りから、快調に歩く私の心に不安が少しずつ芽生え
てきました。

まず、またいでこえる水の流れの数がいつもより多い。

木々に囲まれた山道、いつもと逆に進んでいるとはいえ、どうも
いつもと違う。

2年も来てなかったからかわったのかなぁ、と最初は思っていま
したが、

そろそろ登りなのに登りがない。

進む左手に沢が現れた!

右手に土嚢が積まれた壁!

あれ!

あれ!

あれ!

この時、私も含めみなさん、快調に歩いていたので結構歩くスピ
ードは出ていて、あれ!と思いながらも勢いでどんどん、どんど
ん進んでしまいました。

また、芦屋カントリークラブから道は一本という思い込みもあっ
たので、不安がありながらもどんどんどんどん進んでしまいまし
た。

そして

そして

どんどん進んでいると、あきらかにコースを間違えているとわか
る谷へと出ました!

以下、その4へ

その1
その2
posted by morimo at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

イーズでハイキングで LOST その2

東お多福山山頂を雨ヶ峠に向けて出発しようとすると、マウンテ
ンバイクに乗った集団に遭遇!

私たちが歩く山道を、同じようにマウンテンバイクで走る彼ら。

このバイカーさんたちは、下りになると先を行く人間があるてい
ど進むのを待ってから、下っていきます。

一台一台こうやって下るので、しばし道がつまり私たちも後ろで
待つことに。

すると彼らがスーッと進んで私たちも歩くことができても、しば
らく進むと先でまた彼らが順番を待っているので、再び道がつま
ることに。

なので、東お多福山山頂から芦屋カントリークラブを抜けるまで
まるで彼らと同じグループで進んでいるようでした。

それでも東お多福山山頂から雨ヶ峠はあっというまに歩き、休憩
をとるほどでないので、すぐに先へ下ります。

参加者の中には山道を下るのは初めての方もいましたが、こんな
状況ですからゆっくり確実に進め、キャッキャ、キャッキャ、楽
しそうに下られていました。
posted by morimo at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月10日

イーズでハイキングで LOST

先日、2日日曜日に大好評の上に終わったイーズでハイキング第
三弾:東お多福山


当日、ブログにもあるように私は帰宅すると、ぐったりとしてい
ました。

なぜかというと…。

第一弾、第二弾、そしてこの日の第三弾と参加者の方の体力にあ
わせてコースを選び、回を重ねるごとにレベルをあげてきまし
た。

この日は、では、山道を歩いてみましょうと、東お多福山をコー
スに選びました。

それでもいきなり芦屋ロックガーデンから登るのははきついので
(参加者は普段運動していない五十代が中心)、阪急芦屋川駅か
ら東お多福山登山口までバスで上がることにしました。

お多福山は697メートルの山、これで実際に登る高さは350
メートルほどに。

また、時間もバスを降りてから山頂まではゆっくりと歩いて、1
時間ほど。

なので、山頂について体力が残っていたら、バスで下らずに雨ヶ
峠、風吹岩、芦屋ロックガーデンへて阪急芦屋川駅まで歩いて下
って帰りましょうと、参加者の方と予定しました。

そして、迎えた2日日曜日、11時38分のバスに乗って東お多
福山登山口へ上がり、いよいよイーズでハイキング第三弾がスタ
ートです。

土樋割峠まではアスファルトの道が続き、蛇谷林道からは山道
に。

子を背負っている私には、土樋割峠までのアスファルトがこたえ
ましたが、蛇谷林道はとても気持ち良く歩けました。

参加者のみなさんは、足だけでなくペチャクチャペチャクチャと
口もともに、とても快調に歩かれていました。

そして、約50分で東お多福山山頂に到着です。

山頂付近は小さいお子さんを連れたグループで一杯だったので、
私たちはその奥の高原で昼食をとりました。

お天気もよく、風が気持ち良く吹いていたので、みんなさん美味
しく昼食をとったのですが、風が強くなり冷えてきたので、昼食
を終えると休憩もほどほどに下ることにしました。

みなさん元気いっぱいだったので、下りは歩いて下ることにしま
した。

以下、その2へ






posted by morimo at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月02日

イーズでハイキング第三弾に行ってきました

今日は、イーズでハイキング第三弾で東お多福山に行ってきまし
た。

参加者のみなさん、今日は本当にお疲れさまでした。

まさかの展開に、私も非常に疲れました。

みなんさも今夜は、ぐっすり熟睡でしょうね。

私ももう眠眠なので、今日は写真で。

kannbannhigasi.jpg

tenzai.jpg

samiti.jpg

hahito.jpg

ohirune.jpg

mtbmtb.jpg

posted by morimo at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

バスの時間は11時38分

今日から、新しい週の治療がスタートです。

この週は11月1日まで、治療させていただきます。

そして、2日はイーズでハイキング第三弾です。

今回は、東お多福山山頂を目指します。

阪急芦屋川駅よりバスで、登山口まであがります。

おっと、換気扇やカーテンで手がいっぱいで、しおりがまだでき
ていません。

当日は、阪急芦屋川駅北側の広場に11時20分に集合です。

そして、38分のバスで出発します。

まだまだ参加者募集中です。

ハイキングや山歩きが初めての方も、イーズのお客さんでない方
もどなたでもご参加ください。

それでは、今週もイーズ鍼灸院をよろしくお願いいたします。
posted by morimo at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 山歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする