2006年10月11日

こいつの世話になってます

昨日書いた『山歩き ’06 早朝山歩き 二回目』での、四ヵ月振りの山歩きではしゃぎ過ぎたのか、何と花粉症になって山から帰ってきました。

この日は午後から用事があり、大阪へ出かけたのですが、だんだん喉がイガイガし、痰がからみ始めました。この時は車も多いごみごみした中を歩いているからかなと、思っていたのですが、夜になると鼻の奥がムズムズし始め、寝る頃にはなんとも言えない不快感で額のあたりがいっぱいです。

FTで見ると風邪でなく、花粉症。

「あちゃっー。」

早速お灸をすえると、すっきりして眠りにつきました。

しかし、翌日から外を出歩くとムズムズし、痰のからみで不快感100%!

「う〜〜〜ん、山ではしゃぎ過ぎたかな?」

花粉症の治療に来られている患者さんに「先生も!」と笑われ、「もう、山歩き禁止!」と、言われる始末。

私の症状は鼻水や涙がひどく出たりはなく、いつも鼻の奥ムズムズと痰のからみだけです。が、今回は今までで一番の強度です。お灸をすえると楽になるのですが、今回はかなりしつこいです。

そこで鼻洗いをプラスすると、さらにすっきりして効果が持続するので、こいつのお世話になることに。

そう、エネマシリンジです。

昔、小さい頃に蓄膿になりかけたことがあり、その頃こいつにお世話になっていたことを思い出しました。

早速、薬局に行って探すのですが、ほとんどの薬局で知らないと言われ、扱っているところでも置いているのは春と言われ、また、最近は薬で洗い流す携帯のもが主流と言われ、なかなか見つかりません。結局、知り合いのところで手に入れることに。

使い始めると、さっぱり!爽快!

最初は、ツッーーーンと痛く感じますが、慣れて加減が分かると痛みも感じずうまく使えます。

お灸とこのエネマシリンジで、完璧です。

今回、私が購入する際に花粉症治療の患者さんも購入されたのですが、最初はみなさん使い方に戸惑われましたが、慣れると「これいいですね。すっきりです。」と喜んでいただいています。

花粉症自体は10月に入ってからの雨の後、私も含めみなさんなくなっていますが、このエネマシリンジでの鼻洗浄は続けています。

これで鼻粘膜を鍛えて、来年の春の花粉症シーズンに備えましょう!ということです。もちろん普段のお灸も!

私の場合は、毎日出勤は自転車で片道50分走っているので、どうしてもその後は鼻がムズムズし目が痒くなります。

しかし、今のところ自転車で走り終えた後にエネマシリンジで、鼻を洗うとすっきりです。

【花粉の鼻洗浄に!!】エネマシリンジ
posted by morimo at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月22日

秋口も花粉症

花粉症というと春先のイメージがありますが、夏の終わりから秋
口にもやってきます。

イーズにも先週ぐらいから、花粉症、鼻炎を訴える患者さんが来
られています。

花粉症には、入江先生に教えていただいたお灸です。

このお灸は効果があるので、普段お灸を嫌がられる方も花粉症の
時は、ご自分からお灸に来られます。

また、イーズではお灸をみなさんに練習していただき、ご自宅で
すえていただいています。

このお灸をみなさんに、朝のうちにすえていただいています。朝
のうちにすえていただくと、だいたい一日快適に過ごせるようで
す。外出の多い方や、お仕事等で外気に触れる機会が多い方には
夕方前後にもう一度すえていただいています。

また、花粉症対策で重要なのは、日常生活の自己管理です。

まず、食べ過ぎないこと、アルコール類を飲み過ぎない、タバコ
を吸い過ぎない、夜更かしなどをしない、無理をしない、等で
す。

これらは、からだから健康でいようとするちからを奪います。

そして、花粉症をひどくします。

イーズでは、花粉症には入江式鍼灸治療による全身調整で、花粉
症に負けないからだをつくり、お灸により症状を抑え、また、生
活指導を通して患者さんに自己管理の意識を高めていただいてい
ます。
posted by morimo at 19:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

つわり?花粉症?一その2一

治療は冷えもあったことからまずはお腹と脚
を温灸で温めました。次に身体を整え力をつ
けるために手足のツボに米粒より小さなお灸
を直接すえました。そして、花粉症治療のお
灸です。花粉症治療の要のツボは親指の付け
根から少し指先へあがったところにあります。
このツボは教科書にはなく師匠から教えてい
ただいたものです。

「このツボは熱ければ熱いほど効くので、こ
こだけは加減なしでいきますね。」
「は、はい」
「お腹の赤ちゃんがびっくりするといけない
から、『今から熱いからね』と声をかけてあ
げてください」
「は、はあぁ…」

そして5回このツボへお灸をすえると、その
度に「あつー!」と声を出してがんばってく
ださいました。このツボの下はすぐ骨なので
熱さがひびきます。そこへ加減なしにすえる
のですから米粒ほどの大きさといえどかなり
熱く感じます。

お灸を終え入江FTで治療の効果をチェック
し、ご本人にも効果の確認のためにもう一度
Oリンテストをしていただきました。

「あー!力が入るー!」と驚かれました。

「すっきりして楽です。来しなはつらくて主
人に送ってもらったんですが、自分で歩いて
帰れます。」と来院された時とは違い笑顔で
帰っていかれました。

最初にこの妊婦さんが言われたままに私まで
がつわりと思い込んで治療をしていたら同じ
ように帰っていただけたでしょうか?

今回、入江FTと花粉症の診断法とその治療
法があったからこそ、私のようなキャリアの
浅い者でもしっかりと対処することができ、
楽になって笑顔で帰っていただくことができ
ました。
posted by morimo at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月18日

つわり?花粉症?一その1一

昨日、妊娠5ヵ月目の妊婦さんが前日から寝込むほどの
つわりで来院されました。1週間前にもお腹の張りと腰
痛で来院されたのですが「治療の後すごく楽になりまし
た」と再びイーズへ来院していただけました。

お顔を見るとかなり疲れておられどれ程つらいかが分か
ります。さっそく入江FTで診ていくとつわりのときに
情報があらわれるところへ情報がありません。「??」
と思い慎重に診ていくと、ありました、ありました花粉
症の情報が。

「これはつわりじゃないですよ。」
「えっ?」
「花粉症だと思います。」
「えっー!」

右の迎香(鼻の脇にある)というツボにペンをあててF
Tをすると重ーく感じるので確信して

「ほらっ、やっぱり花粉症です。」

と伝えました。しかし、ご本人には心当たりがないので
納得されません。

「このツボは迎香と言うのですが、右側のこのツボを花
粉症の診断に使えることを私の師匠が発見したんです。」

と説明し、ご本人の手をお借りしてOリングテストをし
ました。この方は美容関係のお仕事をされていて化粧品
を選ぶ時にOリングを使われていると聞いたので納得し
ていただくにはOリングがいいと考えたからです。

まず左の迎香でOリングテストをするとしっかりと力が
入りOリングは開きません。次に右の迎香でテストをす
ると力が入らず簡単に開きました。二人とも笑いながら
「えっー!」。もう一度テストをしても結果は同じです。

「ねっ、これはつわりではなく花粉症です。鼻がズルズ
ルする、眼がかゆくなるなどの症状だけでなく、ボッー
とする、頭痛がする、胃がむかつく、身体に力が入らな
い、無気力になるなど色々とからだは影響を受けるよう
です。それに脚を診ると膝のところまで冷えが来ている
ので、花粉症と重い冷えが重なったのが寝込むほどの原
因になったんですよ。花粉症とわかれば大丈夫ですよ。
お灸で楽になりますから。」と説明をして治療を始めま
した。

以下は「つわり?花粉症?一その2一」へ
posted by morimo at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 花粉症 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする