2009年05月28日

iMacG5修理関連の記事

多くの方からアクセスいただいてる、iMacG5修理関連の記事ですが、これまで記事まとめへのリンクをブログトップに置いていましたが、記事カテゴリに「iMacG5修理」というものをつくりましたので、そちらからアクセスください。
posted by morimo at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | iMacG5修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

iMacG5のスーパードライブの交換まとめ

以前、自宅iMacG5のSuperDriveを交換した際、
「自己責任交換」と題して6回にわたり、ブログ記事を書かせて
いただきました。

すると最近、iMacG5のスーパードライブの交換方法を調べ
ていて、当ブログを訪れてくださる方が増えています。

そこで、過去記事の「自己責任交換」にアクセスしやすいように
この記事中と当ブログトップにリンクをまとめさせていただきま
す。(カテゴリーにあらたにiMacG5修理をつくりました)

また、「自己責任交換」を読んで実際にドライブ交換をされたま
ゆさんという方が、非常に分かりやすく手順をまとめておられる
ので、そちらへのリンクも掲載します。

仕事ではすでにIntelを搭載したMacBookを使ってい
ますが、自宅iMacG5もまだまだ現役!

以下のリンクがiMacG5ユーザーのお役に、少しでも立てま
すように!

まゆさんのブログ「小確幸な日々
・「iMacG5のDVDドライブ換装【総合】

当ブログ「ぶろぐ で ease」iMacG5 SuperDrive交換記事
・「自己責任交換」
  その1
  その2
  その3
  その4
  その5
  最終回
posted by morimo at 18:59| Comment(3) | TrackBack(0) | iMacG5修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

自己責任交換 最終回

5回にわたって紹介してきた、iMacG5のSuper
Driveの交換法、交換作業は写真を撮りながらでしたが、
30分かかりませんでした。

ただ、このiMacG5はiSightが搭載される前の型。

iSight搭載型では、背面カバーを開いてからドライブにア
クセスするまでが、今回紹介した方法と異なると思われます。

また、iMacの現行機種はiMacG5より薄くなっているの
で、難易度は上がっているのではないでしょうか(詳しくはわか
りませんが)。

自分でハードディスクやメモリを交換、増設したことがある方に
はそう難しくもなくできると思います。

注意していただきたいのは、自分でドライブを交換した場合その
Macは改造機となり、以後そのMacに他に何か修理の必要が
できたとしても、アップルの修理を受けることはできません。

(取り外したSuperDriveを保管しておいて、修理に出
す時に再度つけなおし、元に戻す方法はありますが…)

私の場合はアップルケアに入っていないので、何か修理が必要に
なった場合でも¥49,000も出して、このiMacを修理す
る気がないので(その時には新しいiMacを購入します)、今
回の方法をとりました。

交換作業より難しかったのは、星形ドライバーを購入することで
した。

必要なサイズがわからず、また、サイズが分かってもなかなか置
いてあるお店を見つけることができませんでした。

今回の交換にかかった費用は

SuperDrive 松下 UJ-875 \6,980
星形ドライバー(トルクスドライバー) \530
交通費 \1,000

合計¥8,510

でした。

アップルに修理に出した場合より、¥40,490安くすみました。

私の場合は、安くすませたかったので、今回の交換は大成功です。

ただし、全ては、自己責任においてです。


--------------------

その5に書いたように、最後にリージョンコードの設定がありま
す。

私は交換作業がすんでホッとして気が抜けたのか、頭の中には
「リージョンコードは2」、2という数字がはっきりとあったの
に気がつけばそのままマウスをポチッとなぁとクリックして、な
んと!リージョン1で設定してしまいました。

クリックした瞬間、エッーーー!と自分で自分の行為に驚き!あ
わててコード設定をやりおなしました。

リージョンコードの設定は、ご存知の通り5回しかできないんで
すよね。

このチョンボで1回失ってしまいました。

ま、見るDVDはリージョン・フリーか、リージョン2なので今
後設定を変更することはないと思われますが。

--------------------

『自己責任交換』、今回が最終回ということで、ここで終わりた
いと思います。

みなさん、長々とおつきあいいただき、ありがとうございまし
た。


自己責任交換
その1
その2
その3
その4
その5
posted by morimo at 18:02| Comment(9) | TrackBack(0) | iMacG5修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

自己責任交換 その5

写真は前回その4で載せるのを忘れたもので、天板からドライブ
を取り外したところです。

kaitai4.jpg

ここからやっと、新しく取り付けるUJ-875の登場です。

uj875.jpg

取り外したドライバとUJ-875それぞれのベゼルを外します。

先の尖ったドライバーで爪を折らないよう、力加減に気をつけな
がら外しましょう。

kaitai5.jpg

kaitai7.jpg

kaitai6.jpg

外れました(写真はUJ-875のベゼル。純正のはグレイで
す)。

bezeru.jpg

取り外したドライバについてあった純正のベゼルをUJ-875に
取り付けます。

あとはここまでの逆の手順でUJ-875をiMacに取り付け
ていきます。

まず、天板にのせます。

糊がまだ生きているので、しっかりとつけてあげてください。

星形のネジでドライブを天板にとめたら、ドライブに元のドライ
ブから外したコネクタを取り付けます(ネジは星形)。

ここまでのUJ-875の状態は、天板にのっていてiMacと
の接続のためのコネクタがついています。

いよいよiMac本体に取り付けてやります。

天板にのったドライブを、iMac本体の元の場所へ取り付けま
す。

ドライブのコネクタがiMacのコネクタにしっかりとはまるよう
に取り付けます。

この時、しっかりとはまると「パチン!」と音がします。

しかし、この力加減が非常に難しいです。

弱いとはまりませんが、強いとiMac側の基盤がしなるのでド
キドキします。

昔PowerMacのメモリ交換の時にも基盤がしなって、ドキ
ドキしながら取り付けましたが、この力加減は初めてでは勇気が
必要で経験しないとわかりません。それこそ自己責任交換です。

コネクタがしっかりはまってドライブをのせた天板が、元の位置
に戻ればネジでiMac本体にしっかりと取り付けてやります。

背面カバーを本体に取り付けて、底面の3本のネジをしめてやれ
ばSuperDriveの交換終了です。

交換が終了したら、iMacの電源をいれ「このiMacについ
て」でドライブが認識されているかを確認してやります。

dekiagari.jpg

はい、無事認識されています。

ドライバーソフトは不要です。

次にリージョンコードの設定です。

何かDVDソフトを、映画でも音楽でも、再生しましょう。

DVDソフトをドライブに入れると、画面にリージョンコード設
定のウインドウが現れます。

リージョンコード2の日本盤を主に再生するので(というかここ
は日本なので)、コード2に設定します。

さぁ!無事に再生できました。

このあと、書き込みも無事にできています。

これでiMacG5のSuperDriveの自己責任交換終了です。

ふぅ、ここまでその5を書くのに疲れました。自己責任交換の感
想等は、次回最終回にまわしたいと思います。みなさん、もうし
ばらくおつきあいください。

自己責任交換
その1
その2
その3
その4

posted by morimo at 18:47| Comment(0) | TrackBack(0) | iMacG5修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

自己責任交換 その4

ドライブをiMacから取り外せたら、次に天板から外します。

ここであの星形ドライバーの登場です。

星形ドライバーで、ドライブを天板にとめているネジを外しま
す。

kaitai.jpg

kaitai2.jpg

ドライブからコネクタを外します。

konekuta.jpg

ここまでネジのサイズは同じですが形状が微妙に違うので、ネジ
のとめてあった元の場所がわかるようにしておきましょう。

ネジとコネクタを外したら、マイナスドライバーをドライブと天
板との間に数カ所入れ、天板に糊付けされているドライバをはが
します。

kaitai3.jpg

ここは少しずつ少しずついきましょう。

いっぺんに力を入れてやってしまうと、天板が歪んだりします。

最初の力加減がわかりませんが、一箇所ドライバーが入るとあと
はスムースにいきます。

ここまでで寿命のきたSuperDriveの取り外しは完了!

あとは新しく購入したUJ-875を取り付けていきます。
posted by morimo at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) | iMacG5修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月17日

自己責任交換 その3

背面カバーをiMacからはずしたら、いよいよドライブの取り
外しですが、その前に自分の体内の静電気を除去しましょう。

パチン!

内部をいらっている時に静電気が走れば、すべてお終いです!

まず、内部の金属面(写真の青い●の部分)に触れて、体内の静
電気を除去しましょう。

seidennki.jpg

静電気の除去がすめば、プラスドライバーで赤い丸で囲った三ケ
所のネジを外します。(外したネジは、とめてあった元の場所が
わかるようにしておきましょう。)

kaitai8.jpg

ネジを外したら、ドライブの右側にある透明のタブを持ち上げて

yoisyo.jpg

ドライブをiMacから引き抜きます。

yoisyo2.jpg

タブの下にあるのがドライブとiMacのコネクタです。

コネクタはしっかりとつなっがていますが、こわしてしまうと元
も子もないので力加減が必要です。

写真はドライブを取り除いたあとです。

nuitaato.jpg

つづく
posted by morimo at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | iMacG5修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

自己責任交換 その2

では、交換開始。

まず、iMacの背面カバーをはずします。

写真のように、iMacはモニターを下にむけて作業台に置きま
す。モニターに傷がつかないように、何か敷きましょう。

imacg5ura.jpg

iMacのスタンドを軽く持ち上げます。

imacg5ura2.jpg

そして、iMacの底面にあるネジをプラスドライバーで開けて
いきます。

ネジは、底面左右の端と真ん中にあります。

左右の端のネジは、止まるまで回します。

neji.jpg

真ん中のネジは、5回ほど回します。

neji2.jpg

注意:ネジはiMacから外れません。

ネジを回し終えると、スタンドを持ち上げ背面カバーを開き

paka00.jpg

(背面カバーが開かない場合は、真ん中のネジをもう少し回しま
しょう)

手前に引きながらiMacから外します。

paka.jpg

背面カバーを外すと、中はこうなっています。

aketa.jpg

赤い●が、交換するSuperDriveです。

PowerMacは何度も自分で開けたりしていましたが、
iMacは今回が始めて。ここまで緊張しました。

つづきは…。

自己責任交換 その1

posted by morimo at 16:56| Comment(0) | TrackBack(0) | iMacG5修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

自己責任交換

連休前に寿命を迎えた自宅のiMacG5のSuperDrive君。

imacg5.jpg

アップルに修理を依頼するとアップル・ケアに入っていないため
代金は¥49,000!

とてもじゃないけど払えません。

そこで、自分でSuperDriveを交換することに。

(私がアップルに問い合わせた時には教えてくれませんでしたが
DIYじゃないですが、アップルから送られてくるドライブとキ
ットで自分で交換する方法もあるそうです)

自己交換は改造行為にあたるので、当然のことながらアップルは
どのドライブがいいかや、必要な工具等は教えてくれません。

そこで一つ、二つ見つけた自己交換の方法を紹介しているサイト
を参考にすすめていきます。

まずはSuperDriveを手に入れることから。

通販サイトを調べると、iMacG5に取り付け可能なものに松下
のUJ-85JとUJ-875がありました。

二つを比較し、新しくまた安く手に入れることができるUJ-875
に。

私が見つけた中では最安値で販売している、大阪日本橋のPCワ
ンズ
でUJ-875を購入。

購入価格は¥6,980。

次に星形ドライバーが必要なのですが、これを手に入れるのは苦
労しました。サイズがなかなかわからなかった上に、工具専門店
以外では星形ドライバーのサイズがなかなか揃っていないので
す。

色々聞いたり(ソフマップ中古Macコーナーの店員さんはわざ
わざ中古iMacG5を解体してくれました)、調べてわかった
必要なサイズはT6(最終的にはとあるブログで知りまし
た)。

PCパーツを扱っているお店では、T8とT9がニ本セットにな
ったものしか置かれていません。

日本橋の工具屋に行けばありますが、そう何度も行くのは…。

ホームセンターでも大きめのサイズばかりで、あってもT5(中
途半端)です!

見つけたのは、ホームセンター・コーナンのプロショップでで
した。

やっとやっと、星形ドライバー・サイズT6を見つけました。

hosigata.jpg

トルクスドライバー(星形ドライバー)¥530。

プラス、マイナスドライバーはもちろんあるので、星形ドライバ
ーT6とUJ-875がそろい、やっと交換開始です。

つづく
posted by morimo at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | iMacG5修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

iMacおーのー

今日は休日にもかかわらず、たくさんの方にご利用頂きありがと
うございました。

休日治療の受付時間を超えついさきほど治療が終わりました。

ありがとうございます。

話はかわりますが、自宅で使っているiMacのSuperDriveに
寿命が来たようです。

昨年からiTunesにCDを読み込も際のドライブの回る音が
やたらと大きいので気にしていると、その音はだんだん大きくな
りつい先日、CDを入れてもDVDを入れてもふんともすんとも
言わなくなりました。

P-RAMクリアをしても状況はかわらず、そこでインストアCDを
入れても…反応は…。

これは…

そうです…

ドライブの交換です。

このiMacはアップル・ケアに入っていないので、修理代は何と

¥49,000!

¥49,000!

¥49,000!

iMacの修理は一律で

どんな故障でも

どんな修理でも

¥49,000!

これはもうアップル・ケアに入れ!ってことですね。

私はどんな電化製品でも、延長保証には加入していません。しか
し今回の寿命は早いですね。

iTunesに頻繁にCDを読み込み、DVDもよく焼いているので
仕方がないのか…う〜〜〜ん。

今日治療させていただいたイーズのお客さんによると、頻繁に使
っていると寿命は4〜5年!とのこと。

修理代に¥49,000もかかるなら、外付けを買ってくる方がいい
ですよと言われましたが、うん、そうですね。

下手すりゃブルーレイ・ドライブでも安いですね(Macに対応ど
うのという問題はありますが)。

実は今日、私がイーズで治療させていただいているあいだに自宅
の方にiMacを引き取りに来ることになっていたのですが、アッ
プルの手違いで、今日は来なかったそうです(アップルしっかり
してよ)。

これは、修理をやめて外付けを買いなさいということなのか!

寿命が来たことにショックで、電話で回収修理といわれ何も考え
ずに「はい」といってしまいましたが、外付けの方がはるかに安
いですね。

ただ、内蔵のものと同じ働きのできるものが、あるかどうかです
ね。Mac対応で、DVDが焼け、そうそう大事なのはインストア
CDからの起動ができるかどうかですね。

最近の市場を知らないので、調べる必要があります。

さぁ、帰ってから調べます。

そうそう、帰ると今朝自宅を出る際に玄関に置いてきたiMacと
再会です(笑)。

そのiMac、近々デザイン一新されたものが出るそうです。
posted by morimo at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | iMacG5修理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする